tana Blog

2013年6月2日の投稿

悠久山だんご茶屋

 

近くの大きな公園で「花いっぱいナントカ祭り」をしているとの話を聞き、散歩がてらユウを連れて遊びに行こうと思いました。
が、そこは現代っ子のユウ、
「歩くのやだ、車でいく」と、予想通りのやる気なし子さん発言。
近所のコンビニでも絶対に車に乗っていくママそっくりだなと思いながらも仕方なしに車に乗せて行くと、やはりというか、駐車場は満車で入ることができませんでした。
多くの人で賑わう公園を目にしてテンションを上げていたユウも、引き返さざるを得ない事態に大号泣。
だから歩いて来れば良かったのに。
おさまりのつかないユウをなだめるために向かったのは、困った長岡市民の強い味方、いつもの悠久山公園でした。

DSC03893

お気に入りの滑り台、先程の号泣が嘘のような喜びよう。
DSC03895

けっこうな高低差のある大きな滑り台。
下からでは大きな広場とつながっている上の様子が分かりません。
一度、階段を昇っていったまま、いつまでたっても滑り降りてこず、そのまま行方不明になりかけた事がありました。
そんな事があったので、ユウを野放しにすることができず、一緒になってこの階段を昇ったり降りたりを繰り返す事になってしまいました…
そしてパパはすぐに疲労こんぱい、意識朦朧…
まだ遊ぼうとするユウを食べ物でつろうと、この滑り台のすぐ近くにある茶屋へ向かいました。

DSC03899

地元では「だんご茶屋」の名で有名なお店。
私は今回初めて入りました。
テーブル席に腰掛け、「今日は暑いですね~」と店主さんが出してくれた冷たいお茶を飲んで生き返りました。
そして、名物の三色だんご(400円)を注文。
DSC03903

田舎っぽい素朴なお団子。
美味しい。
す~っと気持ちが落ち着く、懐かしくて優しい味わいでした。
涼しくてのんびりしたお店でしばらくくつろがせてもらい、家族の分のおみやげ三色だんごも購入してお店をあとにしました。
店主さんはユウの相手もしてくれるなど、とても気さくな方でした。
この日はまだすいていましたが、暑くなってきたら混みそうだな~

- PR -

“悠久山だんご茶屋” への2件のフィードバック

  1. sora より:

    今日遠足で、悠久山公園へ行きましたよぉー。
    到着と同時に、雨~
    そんな中、水を得た魚のように、のびのびと遊んでおりました。
    しかし、長ーい滑り台を前に、後ずさりするまゆさん。
    いつもは、元気よく滑っていたのに、急に怖くなったのか、避けていたまゆさんでした。

    • tana より:

      あそこの滑り台って大人でもひるんでしまいますよね・・・
      子供の頃、よくこんなところを滑っていたよなって思いました。
      雨は残念だったけど、まゆさん楽しそうでよかったですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。