HALF活動報告 4月11日

   1,607 views

今回、HALFとして初めて中之島体育館を利用しました。
長岡組は大体20~40分かかる道のりとなってしまいましたが、見附・中之島組のメンバーは毎週同じ思いをしていますので、今後も機会があれば利用していきたいと思います。
ユニフォーム率が高かったこの日の活動、9人を3チームに分けて3on3を実施しました。
A:ちばけん、TAKA、栄吉
B:COZY、AYAKA、KAZ
C:ぐっさん、AKI、TANA
キャプチ高さも大きさも変わらないバスケットゴール。
しかし、いつもと違う雰囲気に囚われてしまったのか、序盤は簡単なシュートもことごとくリングに嫌われ、とくに新産体育館の旧スリーポイントラインに慣れているシューター陣は正規のラインへの調整に苦戦しているようでした。
そんな中、距離を制した女帝AYAKAさんがこの体育館でもいつもと変わらない実力を発揮。
ラインから1m離れたスポットから平然とショットを放ち、見事にスウィッシュでリングを射抜くと、男性陣からは歓声と悲鳴がわきおこっていました。
 
もうひとつメンバーを苦しませていたのが、力強い蹴り出しを可能とするグリップ性の高い足元の床。
ストップ&ダッシュ、切り返し時の力が効率良くコートに伝わるため、オフェンス・ディフェンスともに普段よりも機動力がアップしましたが、動けすぎる事が急激な体力の消耗にもつながってしまいました。
この部分を最大限に生かしていたのは、ON・OFFを上手く使い分ける老獪さを見せながら、一回りも年下のメンバーを相手にスピードでも圧倒していた中年の星・栄吉さん。
ライバル(兼おもちゃ)に指名されたぐっさんとの間で熱いバトルを繰り広げ、衰え知らずの若々しい動きを見せてくれていました。
本当に若い。
下に貼り付けた動画の後半に、『栄吉vsぐっさん』を少しピックアップしています。

 

ロングバージョン
3on3 stats

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -