HALF活動報告 6月13日 

   908 views

本日の参加者と組分け。
A:TAM、栄吉、NISHI
B:MiE、AKI、TANA、ちばけん
C:AYAKA、MURA、COZY、TAKI
 
Aチームには、高い能力を持ちながら効果的なプレーを見せられずにいたNISHIさんの両脇に、栄吉さん&TAMさんのバスケ講師コンビを配置。
オフェンス効率を低下させてしまうボールストッパーぶりと、サークルトップクラスの試投数を誇りながら成功率は30%そこそこというシュートセレクションの悪さを改善してもらうのが目的でしたが、試合が始まってすぐに予想を上回る変化を見せてくれました。
栄吉さんとTAMさんの創り出すリズムに上手く乗り、無理のないオフェンスからフィニッシャーとして得点を量産、シュート成功率も過去最高の50%以上を記録しました。
いよいよ本領を発揮し始めたのか、今後のプレーに注目が集まります。
DSC09100

Bチームでは、この日2回目の参加となったMiEさんにボールを集める作戦。
バスケ経験のないMiEさんですが、観察力と感覚の良さを武器に驚くほどの上達を見せてくれています。
この日は「試合の中でシュートを打つ事に慣れる」を目標にプレーしてもらいましたが、チームトップの得点を叩き出すなど、まだ期待するには早いと思っていた『結果』もきっちり残してくれました。
そのMiEさんに触発されたのか、ハチミツが大好きな黄色い妖精ちばけんもベテラン2人を差し置いて一心不乱にシュートを連発。
得意のパワードライブを『P-Drive』と命名され、栄吉さんが連れてきた2号からも「Pさん!」と声援を受けていました。
DSC09089

Cチームでは男性陣が不調の中、この日もAYAKAさんが定位置となっている得点王の座に輝く活躍を披露。
この女帝の牙城を崩せるメンバーは現れるのか、女性メンバーも増えてきた中、今後も楽しみな闘いが見られそうです。
リバウンドではポジショニングでも良さを見せるようになってきたTAKIさんが圧巻の数字を記録しましたが、シュートを狙ったのはオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスがほとんどでした。
チームメイトでシュートを打っていないメンバーがいた場合、全員がボールに触れられるようにパスを回すとともに、シュートを打ちやすい空気を作るという事にも配慮していただけたらと思います。
これからも全員で楽しんでいきましょう。

ロングバージョン
3on3 stats

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -