新潟県 長岡市 バスケットボール サークル pocket.bb

- PR -

HALF 1月3日 AYA-Diveから始まる2019☆

   0

2019年のHALFは南部体育館からスタート。
そして新年早々やっちまいました。
カメラをテキトーにセットしたらコートの1/5ほどが画面内に収まりきらず…

Long Ver.

こういう時に限って皆さんスリーポイントシュートが絶好調。
そして、そのうちの約3割ほどがカメラの死角から放たれたものでした…
いや申し訳ございません。
ということで気を取り直して、2019年第一回目の活動は11名が参加。
3チームに分け、前半3on3、後半4on4を行いました。

Aチーム、TAMさんがまずは新年の挨拶とばかりにスリーを立て続けに沈めたものの、それが全てカメラの枠外という運のなさ。
しかし、運はなくとも実力者、安定感抜群のショットとゲームメイクは今年も健在で、その後いくつも見せ場を作ってくれました。
昨年、参加回数が減ったものの、短い時間で久しぶりの得点王に返り咲いた女帝AYAKAさん。
開始早々お待ちかねの『AYA-Dive』が飛び出すと、その後もボールが転がれば「アタイも!!」とばかりにダイブを連発。
コンディションはバッチリ、今年もAYAファンを喜ばせてくれそうです。
 

Bチーム、前半の3on3の部では若干イマイチな感じだったKAZさん。
ゴール下では高い身体能力をフルに使ってシュートしていますが、自分の動きに振り回されてる感があるので、もう少し力を抜いた方が安定するかも。
しかし、後半に入ってからはスリーポイントシュートが高確率で決まり始め、外でも勝負できる多彩さでチームの得点を牽引。
残念ながらその活躍は全てカメラの枠外でしたけども。
 
CチームはYUTAさんの得点ショーからスタート。
ミドルショットがスパスパとリングを射抜き、ゴール下ではフックシュートが猛威を振るうなど手がつけられませんでした。
シュートの調子が落ちてきてからはアシスト側に回り、ここで今度はゆきさんがスコアリングマシーンへと変貌。
ディフェンスの間隙を縫ってレイアップを決め、オフェンスリバウンドをもぎ取ればそのままシュートをねじ込み、気が付けばこの日の得点王に。
女帝が気持ちよくDiveしている隙に、ゆきさんが今年の得点王争いのスタートダッシュを華麗に成功させていました。
 
女性陣の活躍をはじめ、今年も盛り上がりそうな予感をしっかりと感じることが出来た2019年一発目の活動。
無理せず、楽しみたいときに楽しめるサークルのまま、今年もメンバー全員で名場面をたくさん作っていきましょう。
ということで、もう何度目かになりますが、今年も宜しくお願い致します。

0103チーム別stats(pdf)

-137 views-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -