HALF 4月20日 狙撃手デューク・ヨシキ

   245 views

17時~19時のいつもより少し早い時間の活動、YUTAさんの仕切りでスタートしました。
前半3on3、後半4on4。

家庭の(深い)事情により30分遅れで私が到着した頃、強い西日が射しこむ体育館で皆さん眩しそうにプレーしていました。
その中で、さらに目も眩むような輝きを放っていたのはこの男、ヨシキさん。

どんな距離からでも正確にネットを射抜く天才狙撃手と謳われたヨシキさんですが、幸せというぬるま湯にどっぷり浸かってしまったせいか、ここしばらくシュートの不調が続いていたようでした。

しかし私がアリーナに足を踏み入れた瞬間、ヨシキさんのスリーポイントシュートが決まり、「またかよっ!!」という悲鳴にも似た声が聞こえてきました。
今日は相当ノッてるみたいだなとは感じましたが、その後、そんな感覚すら超えるほどのスリーポイントショーを目の当たりにすることになりました。
片貝で大きな花火を打ち上げてから燃え尽きてしまった説が一部で囁かれていましたが、再び天才狙撃手としてHALFを阿鼻叫喚の渦に包んでくれそうです。
 
この日はヨシキさんだけでなく、あちこちから多くのスリーポイントシュートが炸裂していました。
少し大味な展開になりつつあるかなと感じていた一方で、ゲームにメリハリを加えるプレーをしていると思ったのはチームCのゆきさん。
ミドルレンジのシュートにも安定感が出てきて得点力を増していますが、合わせの連携やオフボールでの動きだったり、要所でのオフェンスリバウンドだったりと、敵チームとして一緒にコートに立ってみて、ゲームに『流れ』を生み出すプレーが多いなと感じさせられました。
ゆきさんの、「プレー」というより「動き」に要注目です。
 
そして最後に、この日、私が最も心を奪われたプレーを紹介したいと思います。
リバウンドはしっかりポジションを取って何度も跳ぶ、掴むのではなく触れるようにして自分のボールにする。
バスケを始めた頃にそう教わったのですが、それを見事に体現したプレーを見せてくれたのがダイさん。
サイズで圧倒的に不利なとおるさんを相手にファンタスティックなリバウンドでボールを奪取。
さらに試合終了のカウントダウンがコートに響く中、生まれる前からそこに立つことを宿命づけられていたかのようにスリーポイントラインへ。
「今この世にあるのはボール、リング、そしてオレだけ」そんな静寂を感じさせる集中力でリングに照準を定める姿は、まるで優勝を決めるバーディパットに立ったタイガー・ウッズのようでした。
ダイさんの手からボールが放たれた瞬間、コンマ何秒か後にコート上は歓喜と興奮に包まれる、そこにいた誰もがそう確信しました。

感動をありがとう。
それでは本編をどうぞ。

Movie Long Ver.
4/20 3on3スタッツ

今回は、毎度おなじみとおる家とTANA家のキッズに加え、TAMファミリー御一行様も参加いただきました。
TAM jr.くんは「パパ~~!!」と泣きながらヨシキさんに抱き着いて以来、約2年ぶりの登場。
今回はパパそっちのけでとおるjr.くんと仲良く走り回り、それをTAM奥様がずっと追いかけていました。
走行距離はバスケしてた人以上だったかも…
我が家の娘たちも相手してもらい、さらにお掃除のお手伝いまでしていただきまして、本当にありがとうございました。

メンバーの皆さまにも感謝です。
育児で肩身が狭く参加しづらいパパさん、プレーは無理かもしれないけど、たまには顔を出したいママさん、
HALFは小さなお子さんも大歓迎です。
小さなお友達と遊べるという事以外にも、大勢の大人と接することができる機会があるのは子供にとっても良い影響があるみたいと最近つくづく感じています。
我が家の娘たちはちょっと調子にのりすぎて、そろそろ某かな○さんにしばかれる(私が)のではないかとヒヤヒヤしてますが…
皆でフォローし合い、皆で楽しみましょう!
いつでもお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -