HALF 7月20日 蒸し風呂の中で 【動画追加】

      175 views

日照不足がニュースになるなど例年よりも梅雨明けが遅れているようですが、おかげで昨年に比べると暑さはいまだ控えめ。
バスケをプレーするにはありがたい環境だと思いましたが、湿度が90%を超えた体育館で何人ものメンバーが死にそうになりました。
死にかけた面々。

両面を使用しての3on3。
有り余る体力を信じ、交代の効かない3人で組ませていただきましたチームA。

気温は27℃前後と、暑くもなく涼しくもなく。
しかし、空気がこもり蒸し風呂のようになった館内では、休憩していても止めどもなく汗が滴り落ち、体力も急激に削られていきました。
皆、涼しい風を求めて外へと休憩しに行く中、交代できないチームAはかなりしんどかったと思います。
それでも、弱音を吐かず、動きも止めず、常にボールに必死に食らいついてました。
その姿に感動するとともに、自分が失ってしまった彼らの「若さ」が、いつも以上にまぶしく映りました。
そんな私はプレー中、常に視界の半分が黒く見えるなど意味もなく死の淵をさまよう有様でしたが、
意識のはっきりしない中で覚えているのは、TAMさんがダイさん&栄吉さんを相手に5~6回連続という狂気的なスティールを連発していたこと。
同じアラフォーでもこちらはまだまだ若さ爆発でした。
さすが夏生まれの夏男。
【8月9日更新:ショートバージョン追加】

Movie Long Ver.
7/20 3on3スタッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -