足に合わない小さいバッシュを大きくする

   99 views

私が今履いているバッシュなんですが、一回り大きめのサイズにも関わらず、巾が私の足に対して恐ろしく狭かったので、最初の頃は3歩あるいただけで悶絶してました。
当時、あまりの痛さで死んだ虫のようにひっくり返っていた姿を覚えている人もいるかもしれません。
こんなふうに、メーカーによっては同じサイズでも足に合わないということはよくある話で、メンバーからも「どうやってサイズを調整したのか教えて」と聞かれることがあります。
ということで、今回は私が実際に試してみたサイズ調整方法を紹介しますが、リスクがまったくないわけでもないようなので、試してみたい方は自己責任でお願いします。
責任逃れをしたところで、
<準備するもの>
● ドライヤー
● 靴下3足~5足分
 
まず、3足分の靴下を重ね履きします。

紐を全開に緩めて靴を履き、ドライヤーで3~5分間、靴全体にまんべんなく温風を当てます。

靴下を重ね履きしているので、足が熱くなるということはないのですが、靴に金属部分がある場合、かなりの高温になるので火傷しないように注意が必要です。
その後5分ほど、靴を履きっぱなしで冷めるのを待ちます。
まだ痛いほどきつい場合は、靴下4枚履きで同じ作業を繰り返し、さらに5枚履きへと徐々に増やしていくと良いそうです。
私の場合、3枚履きでまだ少しきついくらいでしたが、耐えられないほどの痛さというのはほとんどなくなっていたので、そのままバスケに履いていくことができ、数週間ですっかり足に馴染んでくれました。
 
一応こんな感じで上手くいきましたが、かなりの熱が加わるので、素材によっては影響があるかもしれません。
ということで繰り返しますが、お試しになる際はあくまで自己責任でお願い致します。
 
安全に靴を足にフィットさせたい場合はこちらのシューズストレッチャーがおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -