HALF 10月19日 世代別抗争編

   128 views

世代別にチームを分け、フォローとして20代のAKANEさん・ゆきさんにそれぞれ30代・40代チームに入ってもらいました。

捻挫のため見学のかなこさんはガヤで大活躍。

そして各チーム、こんな感じでした。

【チーム40 】

老眼の話で盛り上がってました。

チームアシストとシュート成功率が3チーム中トップ。

合わせのプレーで機能していたゆきさんや、相手を絶望させるAKIさんのスクリーンプレーなどで堅実なチャンスを作り出していました。

シュートが好調だった栄吉さんはスリーポイントシュートも12本中7本成功させ、この日の得点王に輝く活躍。

序盤はTANAを中心に加齢によるターンオーバー連発でどうなることかと思われましたが、終わってみれば何気に最高勝率でした。

果敢にスリーを狙うゆきさんと、
イメチェン成功に喜ぶAKANEさん

【チーム30】

平均身長高めなのにビッグマンがいないという数字のマジック。

インサイドの得点とリバウンドで苦戦を強いられ、オフェンスの約半分を占めたスリーポイントシュートもチーム全体で22%と不発。

それでもコートを縦横無尽に動き回るダイさんが原動力となり、多くのゲームで接戦を演じていました。

味方がシュートすれば必ずゴール下に飛び込んでオフェンスリバウンドに絡み、要所でのスティールは高確率で得点につなげてしまうなど、にこやかにプレーしながらも勝負にかけるダイさんの意地を見せられた気がしました。

シュートもスリーで成功率55%、全体で68%という高い数字を残すなど絶好調でした。

そのほか、外中心のオフェンスからちょこちょこと生まれるインサイドのスペースにAKANEさんがタイミングよく飛び込み、YUTAさんやMURAさんから好アシストを引き出すプレーが何度も見られました。

【チーム20】

面白いようにボールが回り、それぞれの特徴を引き出して破壊力を見せつけたチーム20。

神がかり的なショットを連発していたSHOWさんは、この日最多のスリーポイントシュート10本を成功し、こちらも50%という高い成功率を記録。

ゴール下で何本ものシュートをねじ込んだNISHIさんは、ロングレンジでも安定してシュートを決めてチームの得点頭に。

YUKIさんはリバウンド、アシスト、スティールでトリプルダブル級のオールラウンドな活躍を見せていました。

残り30分になって登場したRYUJIさん、短い時間でしっかりと存在感を発揮し、NISHIさんとのツインタワーは対戦チームを圧倒していました。

前半は負けなしの連勝街道を突っ走っていたチーム20でしたが、後半は若さゆえのムラっ気なのか、やや失速気味でした…

Movie Long Ver.
10/19 3on3スタッツ

富山で豪遊してきた栄吉さんがお土産に「ホタルイカの素干し」を買ってきてくれ、栄吉さん直々にライターで炙って全員にふるまってくださいました。

ワタの苦みも最高、スイーツよりも酒の肴が大好きなゆきさんも大喜びでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

- PR -