1994年 NBAドラフト

        3,766 views

前年のドラフト翌年のドラフトドラフトトップ
 
新人王:ジェイソン・キッド(Jason Kidd)、グラント・ヒル(Grant Hill)
All Rookie Team
1st:ブライアン・グラントグラント・ヒルエディー・ジョーンズジェイソン・キッドグレン・ロビンソン
 

主なプレイヤー
 
1.グレン・ロビンソン(Glenn Robinson)
nba

出身校:パデュー大学
ポジション: SF
所属チーム:MIL(1994~2002)→ATL(2002~2003)→PHI(2003~2004)→SAS(2004~2005)
キャリア平均:20.7PPG、6.1RPG、2.7APG、1.2SPG
オールスター出場:2回(2000、2001)

ニックネームは「ビッグ・ドッグ」。
大学2年生時に平均30.3得点、10.1リバウンドを記録し、カレッジバスケ界屈指のプレイヤーとして大きな注目を集め、鳴り物入りでミルウォーキー・バックスに入団する。
しかし、13年総額1億ドルという前代未聞の大型契約を要求してチームと揉めるなど、デビュー前からトラブル・メーカーのイメージがつきまとう事になった。
1年目から評判通りの得点能力を発揮し、ルーキートップとなる平均21.9得点を記録したが、契約の騒動が影響したのか、新人王争いではグラント・ヒルジェイソン・キッドの後塵を拝している。
長く低迷を続けていたバックスはロビンソン加入後も浮上の兆しを見せられずにいたが、ジョージ・カールのヘッドコーチ就任後は徐々に勝星を増やし、ロビンソンも1997-98シーズンにキャリアハイとなる平均23.4得点を記録するなどエースとしてチームを牽引した。
2000-01シーズンには15シーズンぶりとなるディビジョン優勝を果たし、プレイオフでもカンファレンス決勝まで勝ち進んでフィラデルフィア・76ersを相手に最終戦までもつれこむ激闘を繰り広げている。
デビュー当時のゴタゴタから、ようやくリーグを代表する選手として認められるようになったロビンソンだったが、ともにチームを支えてきたレイ・アレンと得点機会をめぐって衝突し、チームを失速させる内部分裂の要因となってしまうと、2002年にデビューから8シーズンを過ごしたバックスを放出される事になった。
バックスでは7シーズンで平均20得点以上を記録し、通算得点はカリーム・アブドゥル=ジャバーに次ぐチーム歴代2位の記録となっている。
現役最終年に在籍したサンアントニオ・スパーズでチャンピオンリングを獲得している。
youtube:http://youtu.be/cQby-kTGuuw
 
2.ジェイソン・キッド(Jason Kidd)
nba

出身校:カリフォルニア大学バークレー校
ポジション: PG、SG
所属チーム:DAL(1994~1996)→PHO(1996~2001)→NJN(2001~2008)→DAL(2008~2012)→NYK(2012~2013)
キャリア平均:12.6PPG、6.3RPG、8.7APG、1.9SPG
個人賞:Rookie of the Year
ALL TEAM:All-NBA 1st 5回、All-NBA 2nd 1回、All-Defensive 1st 4回、All-Defensive 2nd 5回
オールスター出場:10回(1996、1998、2000~2004、2007~2008、2010)

通算5回のアシスト王に輝き、在籍したチームをことごとく浮上させたことから、NBA史に残る司令塔として評価される。
少年時代の多くを過ごしたプレーグラウンドでは5歳年上のゲイリー・ペイトンを相手に技術を磨き、高校生になると早くも全米最大の大物選手として注目される。
NBAドラフトではリーグ最弱と呼ばれるダラス・マーベリックスから指名を受け、キッドのプレーメーカーとしての能力が発揮されないのではと懸念もされたが、見事にチームを牽引し、11.7得点、7.7アシストを記録したほか、前年から23勝の勝ち星を上積みさせた活躍を評価されてグラント・ヒルとともに新人王を受賞する。
キッドの活躍とともにマーベリックスのさらなる飛躍が期待されたが、翌シーズンはチームメイトの不祥事や故障で大きく失速し、低迷がチーム内の不協和音へと連鎖していく。
キッドもプライベートをめぐって主力のジム・ジャクソンと衝突し、混乱に陥ったマーベリックスはキッドら主力選手の放出を断行する。
1996-97シーズンの途中からフェニックス・サンズに加入すると、開幕13連敗を喫したチームをプレイオフへと滑り込ませ、サンズを強豪へと返り咲かせる原動力として活躍する。
1998-99シーズンに平均16.9得点、10.8アシスト、2.3スティールを記録し、初めてアシスト王に輝いたほか、オールNBA1stチーム、オールディフェンシブ1stチームに同時選出された。
シーズン終了後にはオーランド・マジックからアンファニー・ハーダウェイが加入し、キッドと形成するリーグ最高のオールラウンド・デュオは「バックコート2000」と命名され大きな注目を集める。
しかし、ハーダウェイは故障の影響で期待されたほどの活躍を見せる事ができず、2000-01シーズンは4試合の出場にとどまる。
さらにこのシーズン中にキッドが家庭内暴力で逮捕され、大きな期待から一転、度重なる問題が噴出してしまったサンズは、イメージを回復させるためにシーズン終了後にキッドの放出を決断する。
2001年、ステファン・マーベリーとのトレードでニュージャージ・ネッツへと移籍すると、刺激的なトランジション・ゲームを展開するチームの中心となり、ドアマットに沈んでいたネッツを2年連続でファイナルに進出させるなど、改めてキッドの能力を周囲に知らしめる事になった。
2008-09シーズンの途中、7シーズンを過ごしたネッツを離れ、古巣のマーベリックスへ復帰する。
キッド不在の間に優勝候補にまで上り詰めていたマーベリックスにとって、キッドの獲得は優勝のための最後のピースになるかに思われたが、プレイオフではトニー・パーカーやクリス・ポールら若手ポイントガードの前に後れをとり、30代半ばを過ぎていたキッドは優勝を狙うチームの司令塔としては歳をとりすぎていると囁かれた。
しかし、マーベリックスはキッドとの契約延長を選択し、2011年、37歳にしてついに念願のチャンピオンリングを獲得した。
デビュー当時はジャンプショットを苦手にしていた事から「“J”がない、ASON・KIDDだ」と呼ばれる事もあったが、すぐに上達を見せ、キャリア後半はスリーポイントの成功率も40%を超えた。
また、ガードとしては非常にリバウンドが強く、Mr.トリプルダブルと呼ばれるほど各カテゴリーで高い数字を残している。
2006-07シーズンに、シーズン平均でトリプルダブルに迫る平均13.0得点、8.2リバウンド、9.2アシストを記録している。
ネッツ時代に着用していた背番号「5」が、現ブルックリン・ネッツの永久欠番となっている。
youtube:http://youtu.be/HkPWl1d-elM
 
3.グラント・ヒル(Grant Hill)
nba

出身校:デューク大学
ポジション: SF、SG
所属チーム:DET(1994~2000)→ORL(2000~2007)→PHO(2007~2012)→LAC(2012~2013)
キャリア平均:16.7PPG、6.0RPG、4.1APG、1.2SPG
個人賞:Rookie of the Year
ALL TEAM:All-NBA 1st 1回、All-NBA 2nd 4回
オールスター出場:7回(1995~1998、2000~2001、2005)

高い身体能力、クレバーなプレースタイル、血統の良さを感じさせる立ち振る舞いなど、デビュー当初からNBAを背負ってたつ逸材と大きな期待を集めた。
デトロイト・ピストンズでプレーを始めたヒルは、1年目に平均19.9得点、6.4リバウンド、5.0アシスト、1.8スティールの活躍を見せ、ジェイソン・キッドとともに新人王を同時受賞する。
そしてこのシーズンに出場したオールスターでは、北米4大プロスポーツリーグ史上初めてとなる、新人としてファン投票トップ当選を果たした。
1996-97シーズンに平均21.4得点、9.0リバウンド、7.3アシストを記録し、初めてオールNBA1stチームに選出されるなど、高い期待に応えるように活躍を続ける。
1999-2000シーズンには平均25.8得点を記録するなど、求められればスコアラーとしても能力を発揮したが、それでもチームはプレイオフを勝ち抜く事ができず、シーズン終了後にフリーエージェントとなったヒルはオーランド・マジックへと移籍する。
しかし、移籍後すぐに足首を故障し、4シーズンにわたって引退の危機に瀕する時期を過ごす事になった。
2004-05シーズンに67試合に出場してようやく回復の兆しを見せたものの、翌シーズンはヘルニアによって再三再四となる長期欠場を強いられている。
回復後はかつてのキレを失ってしまったが、経験豊富なベテランとして頭脳的なプレーを見せ、とくにディフェンスは全盛期以上の高い評価を受けた。
2012-13シーズンはロサンゼルス・クリッパーズでプレーし、シーズン終了後に引退を発表した。
youtube:http://youtu.be/VEeYFH-qlvk
 
4.ドニエル・マーシャル(Donyell Marshall)
nba

出身校:コネチカット大学
ポジション: PF、SF
所属チーム:MIN(1994~1995)→GSW(1995~2000)→UTA(2000~2002)→CHI(2002~2003)→TOR(2003~2005)→CLE(2005~2008)→SEA(2008)→PHI(2008~2009)
キャリア平均:11.2PPG、6.7RPG、1.4APG

シュートエリアの広いパワーフォワードとして活躍し、一試合に12本のスリーポイントを決める最多成功数の記録も残している。
1995年に移籍したゴールデンステイト・ウォリアーズで6シーズンを過ごし、1997-98シーズンにキャリアハイとなる平均15.4得点、8.6リバウンドを記録した。
2000年にチームを去ってからは多くのチームを渡り歩いたが、この頃からスリーポイントシュートの試投数が激増し、アウトサイドに特化したスタイルで存在感を発揮した。
スリーポイントシュートの成功率はキャリア通算で35.0%と、パワーフォワードとしては非常に高い数字を残している。
2009年までプレーを続け、15年にわたる長い選手生活をおくった。
youtube:http://youtu.be/BWhJI9L993I
 
5.ジュワン・ハワード(Juwan Howard)
nba

出身校:ミシガン大学
ポジション: PF、SF、C
所属チーム:WSB-WAS(1994~2001)→DAL(2001~2002)→DEN(2002~2003)→ORL(2003~2004)→HOU(2004~2007)→DAL(2007~2008)→DEN(2008)→CHA(2008~2009)→POR(2009~2010)→MIA(2010~2013)
キャリア平均:13.4PPG、6.1RPG、2.2APG
ALL TEAM:All-NBA 3rd 1回
オールスター出場:1回(1996)

ワシントン・ブレッツへの入団が決まってすぐ、大学時代のチームメイト、クリス・ウェバーのブレッツ移籍が決まる。
1年目から平均17.0得点、8.4リバウンドを記録し、ウェバーとともにチームの中心選手として活躍する。
さらに、翌1995-96シーズンにウェバーが故障で戦列を離れてからは大黒柱としてチームを牽引し、平均22.1得点、8.1リバウンド、4.4アシストの活躍で、2年目にして早くもオールスターに選出された。
シーズン終了後、長期高額契約でのマイアミ・ヒート移籍が発表されたが、サラリーキャップのルールに反していたためにリーグから無効とされ、同じ契約内容でブレッツと再契約を結んでプレーを続行する事になった。
新しいシーズンが始まると、ハワードと完全復活を果たしたウェバーは絶妙なコンビネーションを見せ、チームは9シーズンぶりのプレイオフ進出を決めるなど長い低迷から抜け出す事に成功する。
しかし、ウェバーがフロント批判でチームを放出され、ハワードも故障によってパフォーマンスを低下させると、再びチームは低迷期を迎え、復調の兆しを見せないチーム状況に大型契約を結ぶハワードへの批判が集中していく。
その後、球団社長に就任したマイケル・ジョーダンによってチーム再建がすすめられ、ハワードも2001年にトレードで放出された。
チームを去った後は多くのチームを渡り歩く事になったが、ロールプレイヤーとして所属するチームに貢献し、2013年まで、19シーズンという長い現役生活を送った。
youtube:http://youtu.be/C1Y77Vbjhm0
 
7.ラモンド・マレー(Lamond Murray)
nba

出身校:カリフォルニア大学
ポジション: SF
所属チーム:LAC(1994~1999)→CLE(1999~2002)→TOR(2002~2005)→NJN(2005~2006)
キャリア平均:11.3PPG、4.1RPG、1.3APG

低迷期にあったロサンゼルス・クリッパーズに入団し、5シーズンにわたってチームの貴重な得点源として活躍した。
1年目からチーム2位となる平均14.1得点をあげる活躍を見せ、一時控えとなって数字を下降させたものの、1997-98シーズンから再び先発に戻り、チームトップとなる平均15.4得点を記録している。
ロングレンジのシュートも確率が高く、クリーブランド・キャバリアーズでの2001-02シーズンはスリーポイントの成功数でチーム2位となる101本を決め、成功率も42.4%と精度の高さを誇った。
このシーズンにキャリアハイの平均16.6得点を記録している。
従兄にシューターとして活躍したトレイシー・マレーがいる。
 
8.ブライアン・グラント(Brian Grant)
nba

出身校:ザビエル大学
ポジション: PF、SF、C
所属チーム:SAC(1994~1997)→POR(1997~2000)→MIA(2000~2004)→LAL(2004~2005)→PHO(2005~2006)
キャリア平均:10.5PPG、7.4RPG、1.2APG

南北戦争で活躍した同郷の英雄グラント将軍に因み、「ザ・ジェネラル」のニックネームで呼ばれた。
トレードマークのドレッドヘアをなびかせ、サクラメント・キングスに入団した当初からインサイドでエネルギッシュなプレーを見せた。
1年目から2桁の平均得点を記録し続けていたが、ポートランド・トレイルブレイザーズ在籍時に控えに追いやられ、数字も1999-2000シーズンにデビュー以来初めて平均得点が2桁を割った。
数字が下降する中、シーズン終了後にマイアミ・ヒートと大型契約を結んだ事でファンから批判の声も挙がったが、センターとしてプレーする事になったグラントは206cmというサイズの不利をものともせず、キャリアハイとなる平均15.2得点、8.8リバウンドを記録した。
2008年、パーキンソン病であることを告白した。
youtube:http://youtu.be/LAe0JBh5sZ0
 
9.エリック・モントロス(Eric Montross)
nba

出身校:ノースカロライナ大学
ポジション: C
所属チーム:BOS(1994~1996)→DAL(1996~1997)→NJN(1997)→PHI(1997)→DET(1997~2001)→TOR(2001~2002)
キャリア平均:4.5PPG、4.6RPG、0.4APG

1年目に平均10.0得点、7.3リバウンドとまずまずの活躍を見せたが、以降は除々に数字を下降させていく。
フリースローの成功率は1年目に63%を記録したが、2年目以降は非常に低い成功率に終始し、40%に満たなかったシーズンが5回もあった。
大学の先輩であるマイケル・ジョーダンは、フリースローの調子が悪いときの状態を「モントリシア」と表現した。
 
10.エディー・ジョーンズ(Eddie Jones)
nba

出身校:テンプル大学
ポジション: SG、SF
所属チーム:LAL(1994~1999)→CHH(1999~2000)→MIA(2000~2005)→MEM(2005~2007)→MIA(2007)→DAL(2007~2008)
キャリア平均:14.8PPG、4.0RPG、2.9APG、1.7SPG、.373 3P%
ALL TEAM:All-NBA 3rd 1回、All-Defensive 2nd 3回
オールスター出場:3回(1997~1998、2000)

ロサンゼルス・レイカーズでは1年目から主力として活躍し、オールスター・ルーキーチャレンジではMVPを受賞するなど名門復活の鍵を握る選手として期待を集める。
1996-97シーズンには平均17.2得点、2.4スティールを記録し、初めてオールスターに出場した。
攻守両面で貢献度が高く、地元ファンからの人気も非常に高かったが、同じポジションのコービー・ブライアントの台頭もあり、1999年にグレン・ライスらとのトレードでシャーロット・ホーネッツへ移籍する。
ホーネッツではエースとしてチームを牽引し、1999-2000シーズンには平均20.1得点、4.8リバウンド、4.2アシストを記録、スティールでは2.7本でリーグトップとなった。
2000年にマイアミ・ヒートへの移籍が決まり、ジョーンズの加入によってヒートは優勝候補の本命として期待されたが、直後に大黒柱のアロンゾ・モーニングが腎臓疾患によって戦列を離れ、ジョーンズは下降し始めたチームの中で奮闘する事になった。
youtube:http://youtu.be/per8qMMRqZ4
 
13.ジェイレン・ローズ(Jalen Rose)
nba

出身校:ミシガン大学
ポジション: SF、SG、PG
所属チーム:DEN(1994~1996)→IND(1996~2002)→CHI(2002~2003)→TOR(2003~2006)→NYK(2006)→PHO(2006~2007)
キャリア平均:14.3PPG、3.5RPG、3.8APG
個人賞:Most Improved Player(1999-2000)

少年時代にクリス・ウェバーをバスケットボールに引き込み、ミシガン大ではウェバー、ジュワン・ハワードらとともに“ファブ・ファイブ”の一角として全米に大旋風を巻き起こした。
大学3年生が終わった時点でハワードとともにアーリーエントリーを宣言し、デンバー・ナゲッツに入団する。
203cmの長身でポイントガードとして、2年目に平均10.0得点、6.2アシストを記録するなど将来性に期待を持たせる活躍を見せたが、起用法が定まらない事もあってその後は伸び悩む事になった。
1996年にインディアナ・ペイサーズへ移籍してからはスモールフォワードに固定され、クリス・マリンのバックアップとしてプレーする。
移籍後しばらくはわずかな出場時間しか与えられなかったが、1999-2000シーズンにはマリンから先発の座を奪って平均18.2得点と躍進する。
チームはこのシーズンにファイナル進出を果たし、ローズは最も成長した選手に与えられるMIPを受賞した。
翌シーズンは平均20.5得点、5.0リバウンド、6.0アシストを記録するオールラウンドな活躍を見せたが、新しくヘッドコーチに就任したアイザイア・トーマスとはプレースタイルをめぐって溝が生まれ、翌シーズンの途中にトレードで放出される。
移籍後は多くのチームを渡り歩く事になったが、ポイントガードとしてもプレーするなど、チーム状況に合わせた多彩なプレーを披露した。
実父のジミー・ウォーカーは元NBA選手としてオールスター出場の経験もあったが、ローズが生まれる前に両親が別れたため、ローズの養育にウォーカーが関わる事はなかった。
youtube:http://youtu.be/fXFrOjhF7eg
 
15.エリック・パイカウスキー (Eric Piatkowski)
nba

出身校:ネブラスカ大学
ポジション: SG、SF
所属チーム:LAC(1994~2003)→HOU(2003~2004)→CHI(2004~2006)→PHO(2006~2008)
キャリア平均:7.5PPG、2.2RPG、1.0APG、.399 3P%

低迷により激しい選手の入れ替わりを見せていたロサンゼルス・クリッパーズに入団し、9シーズンにわたって同チームでプレーした。
精度の高いシュート力を武器に活躍し、2001-02シーズンにはスリーポイントシュート成功率でリーグ3位となる46.6%を記録している。
父親のウォルター・パイカウスキーもNBAでプレーした。
 
17.アーロン・マッキー (Aaron McKie)
nba

出身校:テンプル大学
ポジション: SG、SF、PG
所属チーム:POR(1994~1997)→DET(1997)→PHI(1997~2005)→LAL(2005~2007)
キャリア平均:7.4PPG、3.3RPG、2.7APG、1.2SPG
個人賞:Sixth Man of the Year(2000-2001)

ポートランド・トレイルブレイザーズ在籍時には出場機会に恵まれなかったが、1997年にフィラデルフィア・76ersに加入してからは徐々に活躍の場を増やしていく。
チームがファイナル進出を果たした2000-01シーズンにシックスマンとして活躍し、平均11.6得点、4.1リバウンド、5.0アシストを記録してこのシーズンのシックスマン賞に選出された。
3つのポジションをこなせるユーティリティプレイヤーとして活躍したほか、ディフェンスにも定評があり、常にハードにプレーする姿はコーチやチームメイトだけでなくファンからも高く支持された。
youtube:http://youtu.be/3EXK0IE-YWo
 
23.ウェズリー・パーソン (Wesley Person)
nba

出身校:オーバン大学
ポジション: SG、SF
所属チーム:PHO(1994~1997)→CLE(1997~2002)→MEM(2002~2003)→POR(2003~2004)→ATL(2004)→MIA(2004~2005)→DEN(2005)
キャリア平均:11.2PPG、3.3RPG、1.7APG、.418 3P%

「ライフルマン」のニックネームで知られたチャック・パーソンを兄に持ち、自身もキャリアを通して高いスリーポイントシュート成功率を誇った。
フェニックス・サンズに入団し、1年目から平均10.4得点、スリーポイント成功率43.6%を記録するなど、シューターとして能力を発揮する。
1997年にクリーブランド・キャバリアーズに移籍すると、移籍1年目の1997-98シーズンに82試合すべてに先発出場し、平均14.7得点を記録したほか、リーグ最多となる192本のスリーポイントシュートを最高させた。
2001-02シーズンにキャリアハイとなる平均15.1得点を記録、スリーポイントシュートの成功率も44.4%と高い数字を残している。
youtube:http://youtu.be/WbQgFaGYrZs
 
26.チャーリー・ウォード (Charlie Ward)
nba

出身校:フロリダ州立大学
ポジション: PG
所属チーム:NYK(1994~2004)→SAS(2004)→HOU(2004~2005)
キャリア平均:6.3PPG、2.6RPG、4.0APG、1.2SPG

大学時代はアメリカンフットボールのスーパースターとして名を馳せ、最も活躍した選手に与えられるハイズマン賞を受賞している。
野球の経験がないにも関わらずニューヨーク・ヤンキースなどMLBからもドラフトの指名を受けたが、選手生命が長いという理由でバスケットボールを選択し、NBAのニューヨーク・ニックスへの入団を決める。
デビュー後はわずかな出場時間しか与えられなかったが、フットボール仕込みの猛練習で着実に成績を向上させ、4年目の1997-98シーズンには82試合すべてに先発として出場した。
このシーズンにキャリアハイとなる平均7.8得点、5.7アシストを記録している。
努力家で知られ、デビュー当初は高くなかったスリーポイントの成功率もキャリア後半には40%を超えた。
ニックスの生え抜きの選手として10シーズンを過ごし、ファンからは非常に高い人気を誇った。
youtube:http://youtu.be/GICFOIQL9Q8
 
30.ハワード・アイズリー (Howard Eisley)
nba

出身校:ボストン大学
ポジション: PG
所属チーム:MIN(1994~1995)→SAS(1995)→UTA(1995~2000)→DAL(2000~2001)→NYK(2001~2004)→PHO(2004)→UTA(2004~2005)→LAC(2005~2006)→DEN(2006)
キャリア平均:6.5PPG、1.7RPG、3.5APG

デビュー当初は活躍できなかったが、ジャズ加入後はジョン・ストックトンのバックアップを務め、堅実なプレーで評価を高めた。
ニューヨーク・ニックス移籍後、2002-03シーズンにキャリアで初めてシーズンを通して先発としてプレーし、キャリアハイとなる平均9.1得点、5.4アシストを記録している。
 
35.マイケル・スミス (Michael Smith)
nba

出身校:プロビデンス大学
ポジション: PF、SF
所属チーム:SAC(1994~1998)→VAN(1998~1999)→WAS(1999~2001)
キャリア平均:5.6PPG、7.1RPG、1.5APG、.538FG%

ニックネームは「ザ・アニマル」。
サクラメント・キングス入団後、ブライアン・グラントらのバックアップを務め、ディフェンスでチームに貢献した。
3年目の1996-97シーズンにはチームトップとなる平均9.5リバウンドを記録している。
キャリアを通して控えとしてプレーする事が多かったが、常に20分を超える出場時間を与えられ、キャリア平均で7.1リバウンド7を記録している。
 
46.ヴォション・レナード (Voshon Lenard)
nba

出身校:ミネソタ大学
ポジション: SG
所属チーム:MIA(1995~2000)→DEN(2000~2002)→TOR(2002~2003)→DEN(2003~2006)→POR(2006)
キャリア平均:11.9PPG、2.8RPG、2.1APG、.384 3P%

ドラフトではミルウォーキー・バックスから指名を受けたが、出場機会を与えられないまま解雇され、1995年にマイアミ・ヒートと契約してようやくNBAデビューを果たす。
1年目こそ目立った成績を残せなかったが、2年目には多くの試合で先発を務め、スリーポイントシュートはティム・ハーダウェイに次ぐ183本を決めたほか、成功率も主力の中では群を抜く41.4%を記録した。
その後も優れたシューターとして活躍し、トロント・ラプターズ在籍時の2002-03シーズンにはキャリアハイとなる平均14.3得点を記録している。
youtube:http://youtu.be/5YKBEdZD2mg
 

- PR -