新潟県 長岡市 バスケットボール サークル pocket.bb

- PR -

player profile
投稿日: 

ビル・カートライト player profile ⑯

シカゴ・ブルズが最初の三連覇を達成した当時、先発センターはビル・カートライトが務めていました。 あの不自然なフリースローのシュートフォームを懐かしく思う人も多いのではないでしょうか。 目立つ事無く必要な仕事をこなす、職人[…]+READ MORE

シカゴ・ブルズが最初の三連覇を達成した当時、先発センターはビル・カートライトが務[…]+READ MORE

投稿日: 

ボブ・ラブ player profile⑮

ボブ・ラブは初期のシカゴ・ブルズで活躍し、背番号『10』はブルズの永久欠番となっています。 私がNBAを観始めた頃、ブルズの10番はB.J.アームストロングの番号でした。 雑誌か何かでアームストロングが永久欠番を着けてプ[…]+READ MORE

ボブ・ラブは初期のシカゴ・ブルズで活躍し、背番号『10』はブルズの永久欠番となっ[…]+READ MORE

投稿日: 

コニー・ホーキンス player profile⑭

「現在、または過去にさかのぼって、スラムダンクコンテストで対戦してみたい選手を3人あげてください。」 オールスターの際のインタビューで質問を受けたヴィンス・カーターはこう答えました。 「マイケル・ジョーダンにDr.J、そ[…]+READ MORE

「現在、または過去にさかのぼって、スラムダンクコンテストで対戦してみたい選手を3[…]+READ MORE

投稿日: 

トゥワイマンとストークス player profile⑬

2012-13シーズンに「トゥワイマン-ストークス・チームメイト・オブ・ザ・イヤー」が新設され、1年目にチャウンシー・ビラップスが、2年目にシェーン・バティエが受賞しました。 この賞はNBAの選手によって投票され、「理想[…]+READ MORE

2012-13シーズンに「トゥワイマン-ストークス・チームメイト・オブ・ザ・イヤ[…]+READ MORE

投稿日: 

デル・カリー player profile⑫

1996年、シャーロット・ホーネッツのデル・カリーが開幕からスターターとしてプレーする事になり、果たしてどれくらい得点アベレージを伸ばすのかと話題になりました。 結局シーズン中にベンチスタートへと戻り、アベレージは例年と[…]+READ MORE

1996年、シャーロット・ホーネッツのデル・カリーが開幕からスターターとしてプレ[…]+READ MORE

投稿日: 

ロン・ハーパー player profile⑪

シカゴ・ブルズではディフェンスのスペシャリストとして後期3連覇に貢献し、 キャリア晩年を過ごしたロサンゼルス・レイカーズでも、トライアングル・オフェンスを機能させるキー・パーソンとして活躍しました。 ファッションセンスの[…]+READ MORE

シカゴ・ブルズではディフェンスのスペシャリストとして後期3連覇に貢献し、 キャリ[…]+READ MORE

投稿日: 

サム・ブーイ player profile⑩

1984年、NBA。 NBAファンであれば誰でもすぐに、マイケル・ジョーダンがドラフトされた年だと思い浮かべるでしょう。 ジョーダンをはじめ、後にNBA史にその名を刻む事になるプレイヤーが何人もドラフトされた、史上最高の[…]+READ MORE

1984年、NBA。 NBAファンであれば誰でもすぐに、マイケル・ジョーダンがド[…]+READ MORE

投稿日: 

アースデール兄弟 player profile⑨

テレビを観ていると2世タレントの多さに驚いてしまいますが、 NBAでも挙げ出したらキリがないほど血縁関係にあるプレイヤーが多く活躍しています。 NBA以外でも、家族の誰かがストリートの伝説的プレイヤーだったり、他の4大メ[…]+READ MORE

テレビを観ていると2世タレントの多さに驚いてしまいますが、 NBAでも挙げ出した[…]+READ MORE

- PR -