tana Blog

ディズニー2013 part2

子供のころ、ここディズニーランドでの経験が原因で『並ぶ』という行為が大っ嫌いになってしまった私ですが、

子供のためにと思うと、不思議なほどストレスを感じませんでした。

待ち時間20分以上のところを頑なに避けていただけだったりもしますが…

平日ということもあり、子供向けのアトラクションはどこもそこそこの待ち時間で楽しむことができました。

DSC05458

 

ユウが「おーい!!アンパンマーン!!!」と叫んで愉快に踊るデイジーの動きをピタリと止めるハプニングもありましたが、
子供もディズニー大好きなママも大いに楽しんでいるご様子で、私も重い腰をあげた甲斐があるというもの。

いったんホテルにチェックインしに戻り、夜になってからママが最も楽しみにしていたパレードのために再びディズニーへ。

皆パレードを見るために場所取りを始めていたので、場所取りはママとフウに任せ、そのすきにユウとふたりで人気アトラクションに直行。

待ち時間「20分」の表示にほくそ笑み、狙い通りと列の最後尾に並びました。

ところが、20分経っても列は進まず、1時間経ってもようやく半分のところで折り返したくらい。

前日の朝から一睡もしていない私は意識が朦朧としはじめ、お菓子で気をごまかしていたユウも限界が近づき、ふたりして白目をむきながらなんとか立っているという状態でした。

それでも最後の気力をふりしぼっていましたが、あと数人となったところで「申し訳ございません!システムの不具合により運転を中止致します!」という非情すぎるアナウンスが流れました…

ふたりとも魂が抜けた表情でママ&フウと合流し、気を取り直してパレードを楽しもうと思いましたが、なんとその直後に今度は突如の豪雨。

もう限界だ!と、子供を抱いてホテルのバスが待つバス停へダッシュ。

バスに揺られながら、疲れもあって子供たちはパパとママに抱かれたままぐっすり。

夜はホテルのレストランで食事をするつもりでしたが、子供たちを部屋に残して食事するわけにもいかず、ホテルのコンビニでカップラーメンとビールを買って部屋でふたりで乾杯。

「何だかいつもと変わらんね。」と言ったものの、ふたりですすったラーメンはいつもより美味しく感じました。

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。