tana Blog

体育の日① リベンジ雲海また山本山

ハッピーマンデー3連休、子供たちをどこかに連れていってあげたいなと思いながら、ママとは見事に休みが合わず。
それでも連休最終日、体育の日なら無理をすれば何とかなりそう。
っていうことで、近場でサクッといけて長居もしないような場所をと検討していたところ、
温泉に行ってみたいという長女の希望が採用され、長野の野沢温泉に行くことになりました。
当初の予定はこんな感じ。
9:00出発 → 11:00野沢温泉到着~13:00出発 → 15:00帰宅
前日の夜に支度を済ませ、子供たちは「明日楽しみだね」とワクワクしながら就寝。
私もベッドに入り込みましたが、
スマホで明日の天候を確認しながら、とある想いが頭によぎりました。
「この天気なら小千谷で雲海見れんじゃね?」
誰に告げることもなく、こっそりと目覚まし時計を5時にセット。
そして翌朝。
無理やりたたき起こされたママと子供たち。
事態を把握できず、目が「3」になっている3人を着替えさせて車につめこみ、小千谷の山本山へ向けて5時半に自宅を出発。
そして6時に山本山山頂に到着。
DSC01788_R

真っ白でした。
笑えるほど何も見えませんでした。
山頂に到着し、駐車場らしき場所に入ったものの、何も見えず、どこにいるかも分からず辺りをウロウロ。
いつも車をとめる場所と違うような気がして、いったん駐車場から出ようかとしましたが、見事に出口が分からなくなって完全に遭難状態。
とりあえず歩いて場所を確認しようと全員で車をおり、10m先までしか見えない視界の中で小道を進んでいくと、そこでようやく見慣れた展望台と休憩所がうっすらと見えてきました。
まぁここまで来たのでと展望台を昇ると、
DSC01792_R

そこには分かりきっていた真っ白な世界。
まったくもって何も見えない。
「寒いよ~」と震える子供とママを車に連れ帰り、
もう少ししたら雲が晴れるんじゃないかと淡い期待を抱いて一人展望台に戻ります。
ママはツムツム、子供たちはYOUTUBEに夢中になっていたので、少しぐらい遅くなっても大丈夫だろうと根気よく待ちましたが、一時間経っても状況はまったく変わらず。
さすがにこれは無理だなと諦めました。
駐車場の出口を歩いて確認し、場所を把握してから車に乗り込み下山。
下の道から先ほどいた場所を見上げると、完全にモヤの中でした。
DSC01803_R

パパの目的はこれで半分終了。
ここから十日町を通って野沢温泉まで1時間半。
半ば放心状態で車を走らせます…
 
つづく

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。