tana Blog

ジェイボーにのれた

今からちょうど2年前。

ユウ小学2年生の頃にジェイボーを買ってあげました。

当時の写真

私はスケボーしか知りませんでしたが、スケボーと違ってボードを左右にふることで前進できる子供に人気のアイテムなんだそうです。

当初、生まれつき抱える足の不安のためスキーなどはできないかもしれないと言われていたユウに、 バランス感覚を養うことができ、 少しでもスキーのような楽しさを味わうことができるならと、家族の反対をおしきって購入を決めました。

当時からバランス良く乗ることはできたものの、ゆるい坂道で下って滑ることくらいしかできず。

自分で乗って発進すること、ボードを左右にゆすりながら前進し続けることができませんでした。

何度練習してもいっこうに上手くなる兆しは見えず、大きな公園で練習していると、自分よりも小さな子がスイスイと滑ってくのを見ては、「もういいよ…」と意気消沈していました。

そんな日が実に2年。

ここ最近はとくに練習することもなかったのですが、

つい先日、

「なんかジェイボーに乗れた」とユウが言ってきました。

できないことを「できた」と言い張ることがある子なので、「あぁそうなんだ」と話し半分で聞いていたのですが、

「今から外に行こう」と無理やり引きずり出され、

どうせうまくいなかいだろうなと内心思っている私の前でヒョイとジェイボーに乗ると、

スーっと滑り出し、道の途中まで進むと、そこからクルクルと円を描きながら滑り続けていました。

まだ若干たどたどしいながらも、たしかに滑っているその姿を見て、私は「へ~すごいじゃん」と平静を装いながらも、正直びっくり。

自分の子には無理だろうなと決めつけてしまっていたことを反省するとともに、久々に感動させてもらいました。

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。