tana Blog

初めてISSを見る

宇宙兄弟の影響で、国際宇宙ステーション「ISS」を見てみたいと言い始めた我が家の娘たち。

JAXAの目視予想情報をチェックして、ISSが見える日を楽しみにしていましたが、観測しやすい日に限って天候がすぐれないなど、なかなか上手くいかず…

そうこうするうちにすっかり忘れてしまっていたのですが、たまたまニュースで今夜はISSが日本上空を通過すると紹介していたのを見たため、忘れないようにアラームをセットし、夕飯をすませた後、父娘3人でベランダに出てスタンバイ。

しかし、予想時間の8時30分を過ぎても見上げる空に変化はなし。

ここからじゃ見えないのかなと若干あきらめムードが漂う中、

妹フウが「あーーーーー!!!!」と空を指差しました。

仰角およそ45度、南西から現れた光の点は、南の空を横切るように一直線にゆっくりと飛んでいきました。

たぶん、もしかしたら過去に目にしたことはあるのかもしれないけど、これが「ISS」だと意識して見たのはこれが初めて。

あの光の点の中で働いている人がいる、高度400kmという途方もない所にいて、それを地上から見上げている。

分かっていることだけれど、あらためて考えるとすごいことだなと感動。

見たらすぐ飽きちゃうだろうなと思っていた娘たちも、ISSが見えている約1分、光の点を見続け、それがフッと消えると、すぐ部屋の中に入って興奮気味にママやバァに「ISS見えたよ!!」と教えていました。

年老いた女子たちは「へぇ~~」と一切興味を示しませんでしたが。

運が良いことに翌日も観測最適日だったため、またも3人でベランダでワクワクしながらISSを待っていると、

今度は前日と違って頭上、ちょうど真上の空を西から南東にかけて飛んでいきました。

星でもないのに何で光って見えるんだろうと不思議に思っていましたが、ISSが見えるのは日の出前と日没後の数時間だけ。

その時間帯はギリギリ太陽の光がISSに当たるので、反射して輝くのだそう。

なるほど。

私も勉強になるけど、理科的な考え方に興味を持ってほしいと娘たちにも説明してみましたが、残念ながらそういったことには興味を示してくれませんでした…

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。