tana Blog

長野へ① 記憶に想いを馳せて安曇野へ

子供たちの夏休み終盤。

ママと休みの合う一日を利用し、長野へ日帰り旅行に行ってきました。

いつも子供&ママの希望ばかりなので、今回はパパが行き先を決めていいよと言われ、昔から行ってみたかった美ヶ原高原美術館をチョイス。

「アモーレの鐘が12時をお知らせします」というCMが懐かしい世代。

ところが、ママから「そこ何があるの?」とまさかの渋い顔。

天空の美術館と呼ばれる大パノラマの美しい景色や、日本の絶景として知られるビーナスラインなどの魅力について一生懸命語らせてもらいましたが、

「なんか失敗しそうだな」と、ママはまるで気が乗らないご様子。

パパが行きたい所ならどこでも良いよと言われた気がしたのに…

結婚前に二人で何度か訪れたことのある思い出の地、安曇野にも寄るということで何とか納得してもらい、紆余曲折の末に長野への旅「安曇野経由 美ヶ原高原 」が決定。

8時頃に長岡を出て、12時に安曇野到着。

豊かな自然に囲まれ、ワイナリーや美術館が点在する安曇野は若い頃から大好きな場所。

その中でもお洒落な別荘やカフェが並ぶ山麓線、別名アートラインと呼ばれる通りがとくにお気に入りでした。

「むかし足湯に寄ったよね、そこに行ってみたい」と記憶に想いを馳せたいママの希望で、安曇野一発目はアートライン沿いにある『 八面大王足湯 』へやって来ました。

約10年ぶり。

施設が随分と新しくなったようですが、あとで調べたら2018年にこちらに移転してリニューアルしたとのこと。

ネットでは「熱い!」「ぬるい!」と両極端な意見が見られましたが、私たちが訪れたこの日は少し熱め。

8月中旬の暑い日でしたが、ずーーっと入っていられる気持ちの良い湯で、ママも子供も大喜び。

私も運転の疲れがすっかり癒されました。

一休憩した後は、思い出のある『いわさきちひろ美術館』 や 『大王わさび農園』 などを考えていましたが、ママから「子供が喜ぶ場所に行こう」と言われ、4~5kmの距離にある 『国営アルプスあずみの公園』 へ。

う~ん…、私の希望は?

12:45 国営アルプスあずみの公園 到着。

利用料金は大人450円、こども無料。

華やかな花々、目に眩しいほどの緑、癒しの水の音。

とても素敵な所でしたが、暑い中、とーーっても広い園内を歩き疲れてしまったガールズは心が折られる寸前に。

さらに悪いことに、行く先に水上アスレチックなるアクティビティを発見。

子供たちはオアシスを見つけた砂漠の旅人のようにダッシュで走り寄っていきましたが、当然、そこで遊んでいた子供たちは水着着用。

そんなものがあるとは知らず、水着なんて用意していない我が娘たちは、気持ちよさそうに遊んでいる子供たちの前でただひたすら汗を垂れ流していました…

私はもう少し色々見て回りたかったのですが、娘たちは完全ふてくされモード。

「私も、もういい…」と魂が抜けたように呟くママの一声で撤収決定。

次はいよいよ美ヶ原高原美術館。

車のナビに「美ヶ原高原」と入れ、あずみの公園を後にしました。

この時、私は大きなミスを犯してしまっていたことにまだ気付いていませんでした…

長野へ② 美ヶ原で大失敗」に続く…

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。