tana Blog

弥彦まちあるき②

弥彦まちあるき①から

弥彦神社の鳥居前に佇む、お土産&カフェの社彩庵ひらしお。

若い頃に何度か来たことありますが、最後に来たのがママだったか別の人だったかタイミング的に微妙だったので、うかつに「昔来たね~」と言い出せず…

たぶん、ママの方も同じこと考えていたような…

とりあえず、ここは素通りして住宅地へ。

はじめてこんな風に歩いて見たけど、弥彦の街は風情があっていい。

そんなどこかノスタルジックな気分に浸っていた私の目に飛び込んできたのは…

イカメンチで有名だという「よろずや狩谷」。

『 2014 国際ご当地グルメグランプリ in 弥彦 』 でグランプリに輝いたそうです。

案内の看板を見た時に気にはなっていたんだけど、まさかこんな偶然に目の前に現れようとは!

「さっきパンダ焼きのために食事我慢するって言ったよね、偶然ってわりにはサクサク歩いてきたよね」というママの追求を無視して、

ソッコー購入。

ママもなんだかんだ言って「私も!」と追随。

ママの感想は「ちょっと油っぽいね」でしたが、私はコレ大好き。

イカとメンチが好きな長女もきっとハマりそう。

お土産は買いませんでしたが…

よろずや狩谷 から少し歩くと、またしても目を引かれる外観の建物を発見。

こちらは「成沢商店」という豆のお菓子屋さんで、カレー豆が有名らしいです。

後々、ものすごく人気があるお店だと知りましたが、この時は興味をそそられながらも、もう誘惑に負けない!と心に決めて、ちょっとチラ見しながらそのまま通過。

お土産用に買っておけば良かった。

そして、おもいっきり遠回りして辿り着いた、分水堂の仮店舗。

9月下旬でも気温が若干高めだったので、けっこうな距離を歩いてきた私達はもう汗だく。

お店のお母さんはそんな私たちの姿を見て「わざわざ歩いてきてくれたのね、本当にありがとうね」と気遣ってくれました。

黙っていても人が押し寄せる人気店なのに、ただ威張っていないというだけでなく、こんなふうに心を通わせ合う接客ができるのって本当にすごいと思う。

接客業経験のある自分がそんな接客をしていなかっただけに…

待ちに待ったパンダ焼き。

私は定番のずんだ、ママは食べたことないからとチーズクリームをチョイス。

お約束の残虐食い。

モチモチ好きにはたまらん。

ちょっと疲れたけど、たまにはこんな感じで散策するのもいいねと大満足でした。

春になって暖かくなってきたら今度は子供たちも連れて遊びに来よう。

- PR -

“弥彦まちあるき②” への2件のフィードバック

  1. そら より:

    この間。原信に売ってましたー。
    去年の大会時、おみやげで貰ったのですが
    美味しいですよね~
    また食べたくなりました

  2. tana より:

    原信でも売ってるんですね!
    ここらへんのお店ではないかもしれないけど、今度、意識して見てみます(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。