tana Blog

夏休み旅行1日目 横浜八景島シーパラダイス

夏休み、どこに行くかで揉めに揉めた挙句、最終的に決まったのはママの第一希望だった横浜八景島シーパラダイス。

自然の中でゆっくり癒されたいという希望が叶わなかった私は、代わりに横浜までの道中に、かねてから行ってみたかった群馬県桐生の名物ひもかわうどんのお店に寄ることを許していただきました。

今回、時間的に桐生に立ち寄るのが難しかったので、高崎の名店「めんいち」さんを訪店。

うどんとは思えない幅広の麺なのに、ツルンとした食感がなんとも。

思った以上に美味しかったですが、喜んでいたのは私と妹フウだけで、ママと姉ユウは「食べづらい…」と渋い顔をされてました。

 

高崎を後にした私たちは、一路、横浜へと向かい、15時すぎに横浜球場の目の前のホテルに到着。

チェックインを済ませ、荷物を置いてから目的地の八景島へ。

今回は16時以降、水族館とアトラクションの両方を楽しめる楽園ナイトパスを購入。

大人3,300円×2、小学生2,200円、幼児1,600円でしめて10,400円也。

到着する直前まで雨が降っていたのでアトラクションは運転を見合わせているものもありましたが、子供たちが乗りたいものは大体制覇。

心行くまでアトラクションを堪能した頃になって少し雨が降り始めてきたので、今度は水族館へ。

どこに行っても何を見ても大迫力の水族館。

そして神秘的。

「わぁ~」と言って巨大な水槽を見上げる子供たちの姿が嬉しくもあり、

私自身、この空間をとても楽しんでいるという実感もあり。

自分の希望が通らなかった今回の旅行ですが、来て良かったなと心から思えました。

子供たちがとくに感動していたプロジェクションマッピングの演出×
イルカショー。

感動という感覚なんてまだないだろうと思っていましたが、横で見ていて、感動している表情ってこんななんだなって初めて知ることができました。

イルカショーの後、ママのおごりで焼肉バイキング。

ママが一番喜んでいた瞬間でした。

食事後、外に出ると閉館の案内が流れ始め、気が付けば私たち家族以外、ほとんど人がいなくなっていました。

ホテルへ戻り、そういえばすぐ隣が中華街なんだよなと思いだしたものの、お腹もいっぱい、体力もいっぱいいっぱい。

全員、泥のように眠りに落ちました。

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。