tana Blog

なりゆき日帰り旅② 富山へ

なりゆき日帰り旅① から。

親不知からどこへ行こうか考えた末に、目の前が富山だからとりあえず南に行こうと、行き先も決めないまま走り出しました。

「お腹減ったよ~」と訴える子供らのため飲食店も探していましたが、適当な所も見つからないまま富山へ入り、ここでいっかとコンビニへ。

菓子パンやおにぎりでお腹を満たし、ふと目の前の経路案内の標識に目をやると、「宇奈月温泉」の文字が。

2年前、じぃ&ばぁの何かのお祝いに兄弟で旅行をプレゼントしたのですが、その時の行き先が宇奈月温泉でした。

場所をチョイスし、そのほか色々調べたのは私なんですが、こんな新潟寄りの所にあるとは思わなんだ。

ということで、次の目的地は宇奈月温泉へ。

ナビに従って走ってきたら、せま~い温泉街の中を爆走するハメに。

同じ道を何度も右往左往しながら、何とか駐車場を見つけました。

14:40 宇奈月温泉駅到着

じぃ&ばぁの写真で見た、温泉の噴水。

ママは若い頃に来たことがあるそう。

誰と来たんだろうね。

ポツポツと降っていた雨が次第に強くなってきましたが、とりあえずこの先にあるトロッコ電車の乗り場へ行ってみることにしました。

宇奈月温泉駅からトロッコ電車の宇奈月駅までは2~300mほどしか離れていませんが、雨脚も強まってきたので、途中にある足湯「くろなぎ」で雨宿り。

出発するトロッコ電車を見ながら癒しのひととき。

少し休んでからトロッコ電車の乗り場に行ってみると、残念ながらちょうどいい時間帯がない…

天候も悪いし、山全体に白いモヤもかかってるし、何よりも思ってたよりも乗車賃が高かったので、ぐずる姉妹を説得して今回は断念。

思いのほか近い事が分かったから、また今度ちゃんと計画して来よう。

さぁ、次はどこへ行くか。

個人的には蜃気楼で有名な魚津に行ってみたかったんですが、蜃気楼が見られる確率なんてほとんどないだろうということで却下。

次に、4~5月になると毎年パパが行きたいと言い始める、滑川のほたるいかミュージアムを提案。

時期は違うのでほたるいかは見れないのですが、それでも憧れの地に行ってみたいのと、何よりも何か美味しそうなものが食べられる予感。

ということで、

16:00 ほたるいかミュージアム到着

閉館は17時。

急げ急げと中に入ると、ほたるいかの代わりに発光性プランクトン「竜宮ほたる」による発光ショーがこれから始まるとのこと。

やった!と喜んで席を陣取るものの、最初にスタッフさんから「期待しないでくださいね」というまさかの一言が。

うん…、私、目が悪いのもあってイマイチ光っているのが分からなかった…

それでも1時間という短い時間ながら、ほかにも色々見て回る所があって、思っていた以上に楽しめました。

ママが一番よろこんでいた、幼児向けのおさかな釣りゲーム。

結局、17時の閉館までここに居座ってました。

今度来るときは富山湾岸クルージングを申し込んでから来たい。

あと、いつか ホタルイカ漁の観光船にも乗ってみたい。

でもクルージングは大人1,200円なんですけど、ホタルイカ漁は5,000円なんですよね…

午前2時集合だし、家族はパパ以外、誰も興味を示さないだろうし…

閉館後、隣接するレストランで何か食べたかったのですが、魚よりも肉が食べたいと譲らない姉妹に根負けし、帰り道の上越で「しゃぶしゃぶ食べ放題 大地の豚」へ。

心行くまで食べて満たされた後は、ガールズは車中で爆睡。

パパはひとり、高速道路で眠気と戦っていました。

あ~疲れた。

 

【公式サイト】

旅館協同組合 宇奈月温泉

ほたるいかミュージアム

しゃぶしゃぶ食べ放題 大地の豚

- PR -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。